姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 2009年8月

2009年8月アーカイブ

言葉のもつ素晴らしい力

 

 

8月.jpg─『運命を変える言葉』本文より─

   
 

 

 

 

 

 ☆今野華都子先生の言葉から☆

 


    真心のこもった感謝の言葉を
    いつも自然体で口にだせるようになりたいですね。
    それが運命をひらく鍵になるのではないかと思っています。


    人生は楽しまなきゃならない。
    でもそれは決して楽をすることではない。
    小指でちょちょいとできることをやっても誰も楽しくない。
    どうせやるなら難しいことを乗り越えてこそ、
    本当の楽しさが得られるのだと、
    そう考えたわけですね。
 

    私は優しさについてこう考えているのです。
    例えば、お腹が空いている人におにぎりをもっていってあげる。
    これは目に見える優しさです。
    でも私が考えるのは、その人が買うか作るかして、
    自分の力でおにぎりが食べられるようにしてあげることです。
    そのためには、ときに厳しいことも
    言わなくてはいけないし、叱ることもある。
    もっと言えば、私が死んだ後、
    あの人から受けた究極の優しさはこういうことだったんだって
    分かる心をつくってあげたいと思っています。

    
    運命を変えるには大きな努力なんて必要ないんです。
    必要なのは、日常の小さな習慣を
    積み重ねていくことだけなんですね。

 

    
  ☆五日市先生の言葉から☆

 


    おっしゃるように、心が変わると行動が変わる。
    行動が変わると習慣が変わり、
    習慣が変わると人格が変わる。
    そして、運命までが変わるわけですね。
  
    となると、その出発点の『心の変化』に
    何が最も影響を与えるかというと、
    『言葉』だと思うんですね。

    今野さんの話を伺って、
    「覚悟ある言葉」
    「確信のある言葉」
    そして、
    「愛情と思いやりのある言葉」
    がいかに人を動かし、
    その人の運命を変えていくかを再認識できました。

    
    ☆    ★    ☆    ★
    
    世界一のエステシャン、今野華都子氏は言います、
    「いくつになっても人間は変われる」と。
    その原動力となるものは、ずばり『言葉』にあり。

 

    改めて『言葉』のもつ素晴らしい力を
    ストレートに伝えてくれる1冊です。
       
……………………………………………………………………………………………… 
◇◆◇ 『運命を変える言葉』(五日市剛 今野華都子・著)

Archives

2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!