姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 2008年9月

2008年9月アーカイブ

《誰にでもある心の財産》

今日の教え
★誰にでもある【5つの財産】★
         和田裕美
================

和田は、営業時代にちょっと自信をなくした時、
ボスに「人は誰でも5つの財産を持っているんだ」
と教えてもらったそうです。

その内容を和田流に解釈したものがこちらです。

■━━━━━━■
   時間
■━━━━━━■

どんな人も1日24時間、この時間は平等です。
朝起きてから、寝るまでの1日を精一杯生きているか?
自分で自分を誉めてあげたくなるくらい
いい一日を過ごせているか?
誰も見ていないところでもがんばっているか?
今、この瞬間に過去になっていく時間を
大切にしているか?

残念だけどできていない人が多いから、
時間を生かす人間がいずれは成功していきます。

■━━━━━━■
  エネルギー
■━━━━━━■

人間には活力があります。元気だして大きな声で 「おはよう」って言えるはずです。
今、気分がいいとか悪いとか関係なく、声くらい無理して出せるはずです。
そうやって、活力を使ってください。
エネルギーを増やすためにはどんどん、使って どんどん元気に振舞うことが必要です。
誰にでもできます。「そんな元気で疲れない?」って?
まさか!
元気じゃないように見える歩き方や話し方をしている人のほうが、
どんどん、しぼんでいってます。
だから活力をつかってパワー全開になれば力もわいてくるのです。

■━━━━━━■
  想像力
■━━━━━━■

人は「こうなったらいいな」という想像から
どんなものでも生み出してきました。
わくわくの想像が未来を作ってきたのです。
反対に「こうなったらいやだな」という想像も
恐怖の未来を作ってしまうこともあります。

怖がると一歩も出ない
わくわくすると足取りも軽い
幸せな未来に向かって生きていきたいのなら
自分の想像力をわくわくすることに
使うのです。それができたら
自分の夢だって近くなります。

夢をかなえる人は
わくわくの想像が他の人より上手いんです。
平等にある五つの財産、
上手く使っている人は本当に少ないのです。

■━━━━━━■
  集中力
■━━━━━━■

人にはそれぞれ能力差はあると思います。
けれどそんな差は集中力によって縮めることが できるのです。ここ一番でぐっと集中すると すごい結果が出たりします。

虫眼鏡で一点に集中すると
太陽の光で紙が燃える実験を

小学生でやりました。
自分だって同じことを
やろうと思えばできるんです。
成功している人は能力がすごいばかりではありません。
誰もが持っているこの力を
いつでも発揮できるだけなのです。
ときには回りが目に入らないくらい集中して 取り掛かってみてください。
いつもより早く、いつもよりいい結果が出ます。

■━━━━━━■
   技術
■━━━━━━■

あなたにも今まで生きてきて身につけた何かがあります。
今までの経験のすべてがあなたの技術です。

コンプレックスも技術です。
失敗も技術です。 生きてきたすべてが大
切なあなたの宝です。

私は人が苦手だったことが財産です。
そのおかげで人にどうやったら受け入れてもらえるかを
知ることができたのです。
「いじめ」にあった人なら「いじめ」の気持ちがわかることが財産です。
自分にひき起こった出来事をプラスの側面からみてください。
それが大切な財産で、それを生かせば もっと自分を輝かせることができるはずです。

《充実した仕事を》

今日は午後から勉強会があり参加させて頂きました。

講師の方は、女性で新幹線の中で販売をしている方でした。
その方は、日本でナンバー1の売上をあげるテレビでも取り上げられた方です。
その方の大切にされている事で実際に実践され売上を上げられている事のお話で印象に残った事を‥‥

『一瞬の出会いでも』
お客様との一瞬の出会いが毎日そこにあります。偶然の出会いも必然の出会いに感じて頂けたら‥‥』という思いで日々の仕事に取り組んでいらっしゃるそうです。
心地よくすごして頂きそして自分自身も心地良く、お客様との出会いの中には何にも代えがたい充実感を味わえることもあります。

『お客様の一歩先を想像し、もう一手間を』
同じ日は二度とありません。同じお客様でも毎日違うのです。私たちは『今日のお客様』がいかなる方向に意識が向くのかを、些細なことでも感じ取らなくてはなりません。そして、その感じ取ったことは、きっとお客様に対する何かに繋げられるのだと思います。想像し、もう一手間工夫することで日々の業務に足りないことを見つけ、いかに今後を活かしてしくかを考えるのです。

『心に触れる二言目』
販売員(営業マン)は自動販売機ではありません。生身の人間です。だからこそ人を喜ばせることも怒らせることもできるはずです。せっかくの【縁】で出逢ったお客様には喜んで頂きたい。販売員(営業マン)の二言目がお客様の喜びに繋がることも、きっとあるのだと思います。その喜びが私にも周りのお客様にも伝染するのです。

『現場の声で商品も変わる』
お客様の厳しく有難いご指摘を生かすも殺すも現場次第です。お客様の一番近くにいる現場だからこそ、生のお客様のご意見を活かすことができるのです。ご意見を基に今後いかにより良いものを提供していけるかを考え、アクションを起こし、時にはお客様の期待をもいかに超えるかなのです。その為には妥協しない姿勢も時には必要です。


といった内容でした。我々の仕事でも共感できることばかりです。

少しの努力と勇気そして、思いやりと温かさ‥‥妥協せず、そして自分自身に負けないプライドをもって1日の中で最も長い時間、仕事しているわけですから、楽しみながら毎日違った自分に成長しながらそして、お客様に喜んで頂ける時間にしたいですね

《言葉を変えると運命が変わる》

魔法の言葉

嫌なことがあったら  【ありがとう】
文字通り難が有るときにありがとうと言いましょう。不幸は重なるもの。
でも、「ありがとう」ということで、その不幸の連鎖が断ち切られ、逆に「いいこと」が起こるのです。

いいことがあったら  【感謝します。】
感謝する対象は、何でもかまいません。大切なのは、この言葉を口にすることです。
「感謝します」といいにくければ「ありがとうございます。」でも、OKです。

いつも前向きに   【ツイてる・ツイてる】
「ツイてる!」「ラッキー!」‥‥‥。たとえ小さなことに対しても、
これを口グセにすれば、必ずツキはやってきます。
なぜなら、言葉は心を変え、習慣を変え、ツキを引き寄せるからです。


《してはいけないこと》
汚い言葉を吐くこと

「バカヤロー」「ムカツク」「チクショー」などと汚い言葉を口にすると、
その言葉どおりの人生を歩んでしまいます。
「ツイていない」というマイナス言葉にも注意して下さい。

怒ること

それまで、積み重なってきたツキがいっぺんに吹き飛んでしまいます。
怒る代わりに、できることが必ずあるはずです。深呼吸をして考えましょう。

魔法の言葉で、幸せになれるのなら、感謝しありがとうの言葉を どんどん唱えましょう。

Archives

2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!