姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 社長通信

社長通信 Category

魂を磨く

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年、2015年が皆様にとって豊かな心と、素敵な笑顔で、そして健康で楽しい時間を過ごせる素晴らしい1年になります事を心よりお祈り申し上げます。

さて、エステート・リードの今年の目標をお伝え致します。
それは冒頭に申し上げた、豊かな心と、毎日を素敵な笑顔で過ごせる様にする為に、絶対に不可欠な『魂を磨くこと』これを今年の人格形成の為の最大の基本目標として全員がチャレンジしてください。

 

幸せを求めて生きるためには 

私達は日々の思いや行動次第で幸せを求め、実現出来る生き方が出来ると思います。
自分の人生を幸せなものにするためには、会社や職場での時間を楽しく過ごし、やり甲斐や生き甲斐を感じれるものにしなければなりません。


そうなる為に、今一度、自分の生き方の選択肢が間違っていないか、ものやお金ではない、人の幸せとは何から得られるのかを検証してみてはいかがでしょうか。

時間に関する名言~限りある時間の話

年も明け、2週間が過ぎようとしています。

弊社の本年の共通の志は、『無意識の意識化をすること。』と同時に『限られた時間の中で自分の考えた結果や成果を作り上げること。』つまり普段意識をせずに行っている業務や行動を、もっとしっかりとした目的や目標を強く意識した行動に変えることが大切です。


また、誰が何の為に何をいつまでにどれだけの量をどうするか。

私達は何をどうしたいから努力をするのか。どの様な結果を作る為に頑張るのか。
そこにある、『いつまでに』が時間の管理意識であり、『何の為に』は目的と目標を達成してやり甲斐や達成感を自身が感じる為にも絶対に外せない大切な要因です。

 

2014年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

いよいよ輝かしい2014年、平成26年の幕開けです。
 
本年も皆様がご健康で、いつも素敵な時間をお過ごし頂くことができる幸せな一年でありますことを心から願います。
 
 そして、世界が平和に、各国の経済が順調に働き、国際問題も地球環境も不安を抱く事もなく、私達や私達の子供たちやその子孫が今も将来も、安心、安全に生きて行ける社会や地球であって欲しいと心から願います。
 
 
 

 IQからNQ

私も半年間の研修が終わり、ようやく落ち着いて、研修してきたものを社員へアウトプットし、会社を繁栄させていくためにも、お客様に喜んで頂く社風づくり、社員教育に努力していきたいと思います。

そして今、社会から求められる能力は時代と共に変わっていっていることを実感しております。

新年のご挨拶

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

いよいよ2013年の幕開けです。
本年は我国の政権が自民党に変わり、3年以上多くの難問を解決できず日本経済を混迷の状態に落ち込ませた民主党政権にやっと終止符を打ち、少なからずとも今後は円高、デフレを脱却し、景気が回復できることに期待が持てる年明けになってくれるものと思います。

 

新年あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は東日本大震災と原発の放射能漏れ事故により、多くの人の尊い命が奪われ、また、家や家族や友人や仕事を無くされ、今も尚、被災地の多くの方々が本当に毎日不自由な生活を送られており、復興の目途も経たぬままに新年を迎えたことは、決して例年の様には喜ばしいお正月の気分にはなれませんが、一日も早い被災地の復興を祈念し、そして私たち日本国民全員が同じ思いを持って、困っておられる方々をずっと忘れずに支援し続けて行ける様にしなければならないと思います。

成果については、いかにすれば強靭な成果を作り出すことができるかが問題です。
次のドラッカーの名言の中に成果を作り出す為の答えがありますので、これらを学び実践していくことが重要です。

新年あけましておめでとうございます。

西暦2011年、平成23年の新しい年明けを無事に迎えることができました事を皆様に心より感謝し、お慶びを申し上げます。

 

2015年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archives

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!