姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 感謝の出会い

感謝の出会い Category

新年が明け、2015年が始まりました。

昨年は、たくさんの方にお世話になり、様々な出来事があり急流のような1年でしたが、大変貴重な1年でした。

長年、社に貢献して下さった愛社精神で溢れた方が独立により社を巣立たれたり、社内の変化も多くありました。

無我夢中で駆け抜けた1年でした。


その中で、今までやって頂いてたことのありがたさに感謝しながら、出来ることを探し、支えて下さる上司の思いに応えたい、まつわる皆様方に変わらず、いや、それ以上に応えさせて頂きたいという思いで走った1年でした。

 

何でもやる。笑顔でやる。

去る12月7日、私共エステサロンが、長年、認定サロンとしてご指導をいただいている今野華都子先生の講演会が姫路で初めて開催されました。

この講演会に我エステート・リードが、創業20周年のイベントとして協賛させていただくという素晴らしい機会をいただき社員一同、この日を心待ちにしておりました。

講演会当日は、主催の黒田くに子様をはじめ、たくさんの方々と一緒に、弊社の社員もスタッフとして参加し沢山のことを学ばせていただきました。

 

あるがまま

先日参加させて頂いた今野先生の講演会では本当に素晴らしいお話を聞かせて頂き、貴重な体験をさせて頂きました。

たくさんのお話の中で『あるがまま』に生きるという事について、改めて深いものを考えさせられるものがありました。


平成26年12月7日 今野華都子先生の講演会にて「人を信じ、人を愛し、人を育てる事」エステート・リードは今年20年目の節目に今野華都子先生の講演会の協賛にて、参加させて頂く事が出来ました。
内容はとても深く、自分でも今までの人生の在り方を考えさせられました

~~~~~~~~~~~~~~
今野華都子先生のプロフィール
宮城県仙台市生まれ。1998年エステティックサロンを開業。
2004年第1回LPGインターナショナルコンテストフェイシャル部門日本最優秀賞。
2004年12月には世界110ヶ国の中で最優秀グランプリを受賞。
世界一のエステシャンになりました。
高級リゾートホテルが35億円の累積赤字の再建を任され建て直しをされ、わずか2年で再建されました。また、従業員の方にも活気を与え、心をよみがえられました。
 

「美しさは優しさを創る」をモットーに、人としての美しさと優しさの創造に邁進されておられます。

主な著書:「顔を洗うこと 心を洗うこと」「運命をひらく小さな習慣」などがあります。
~~~~~~~~~

必然の縁

最近つくづく想うことですが、本当に仕事を通じて、たくさんの出会いをさせて頂いています。

これは、私の大切な大切な財産です。


出会いにもいろいろあり、人・仕事・本・・・様々ですが、振り返ると本当にありがたい環境にいさせて頂いてると思います。


時には、心がもう無理かもと勝手に自分を守る為に後ろを向いたことも多々ありました。

でも、今があるのは、たくさんの出会いで知恵を頂き、感動や感謝の思いで、『今を大事に』する、それを未来へ繋ぐ事を教えて頂いたからこそだと思います。

新入社員研修を受けて

私が店長として任せていただいている支店であるエステサロン「エクセレンス」に、19才の新入社員が入社し一ヶ月が過ぎました。

自分の子供以上に年の離れた新人社員が、慣れない環境で緊張しながら早く仕事を覚えようと、意欲的に一生懸命に取り組んでいる姿がほほえましくまた、その姿を見て私自身の入社当時を思い出し、新鮮な気持ちで仕事をさせていただいております。


人として大切なこと

新年度が始まり、早半月が過ぎました。
私の娘も今年から小学生になり、毎日ピカピカの大きなランドセルを背負い元気よく小学校に通っています。
毎年この時期になると、街角で真新しいスーツや制服に身を包んだ新入社員や新入生の方々に出逢うことも多く、溌溂颯爽としたフレッシュな姿を見ていると、自分の気持ちも引き締まります。

先日、満開の桜のお出迎えのもと行われた娘の入学式で、校長先生がお話して下さった、学校での努力・目標のお話を聞き、子供たちの6年間をしっかり見据えて、目標を具体化していきながら、子ども達の「生きる力」につなげていこうとして下さっている姿、お考えに、とても感動しました。

中でも、印象に一番残ったお話が

勉強はできなくてもいいです。しかし、「躾」はしっかりとしてあげて下さい。』

そして、学校での目標については、

◎支え合い磨き合う いのち輝く子供たちの育成 

 ・しんじあい 仲間を大事にする子
 ・からだも心も きたえる子
 ・まなこ光らせ しっかり学ぶ子

◎3つの愛
 ・たすけ愛
 ・ゆずり愛
 ・はげまし愛

 これらの目標は子どもだけでなく、私たち大人が社会で生きていく上でも大切なことであると思いました。

出会いは必然

 4月は多くの出会いと別れの季節です。
弊社にも3人の新入社員が入り新しい風が入って来ました。

3人の新入社員の方は希望と不安の中で日夜、仕事を覚えようと頑張っています。

その他にも取引先の業者様・メーカー様もたくさんの方の入れ替えがあったりと、新しい出会いがあり、今までと違って引き締まった4月でのスタートを迎える事が出来ました。


この出会いは偶然ではなく目的があって必然的な出会いだと思います。

 

ご縁を大事にする

新年あけましておめでとうございます。
2014年が始まりました。
昨年は、たくさんの課題ある1年でした。

年末年始は慌ただしく毎日が過ぎていきましたが、その間にも2013年を思い返し、また、2014年を思い、いろんな思いの巡る時間を過ごさせて頂きました。

思い巡らせている中で、やはり一番心に思ったのは、今こうして、「今」「ここ」で私が存在し、毎日を一生懸命生きていられるのは、周りの方のお蔭であり、その方々に出会わせて頂いたからなんだなということでした。

 

一年を振り返り

今年も早いもので、もう年末を迎え、弊社も大掃除を行っております。

1年を振り返りながら、来年1月の月例社内勉強会の司会進行をさせて頂くので、テーマ等考えていたら、いろんな思いが込み上げてきました。

この1年もたくさんの学びを頂き、自己を振り返り、人の為に尽くす大切さを多く教えて頂きました。
都度、自分の至らなさや、勉強不足に向き合えた事は、私の人生に於いて大変貴重な経験でした。でも、でした。と過去形にせず、今後も『自分と向き合う』ことを続けていきたいと思います。
 

壁を乗り越える

先日、小学校の同窓会に行ってきました。

22年ぶりに友人達に会うことも楽しみでしたが、自分と同じ34歳の人たちが、会社を支えていく中堅どころの社員の一人として、どのような職について頑張っているのかなど、自分が井の中の蛙にならない為にも、刺激が欲しい、何か自分に活かせるものはないかと言う思いもあって参加しました。

当日、私は少し遅れて会場に到着し店の扉を開けると、懐かしい顔がずらり……一瞬で22年前の6年生の頃にタイムスリップしたかのようでした。

 

無意識の意識化

去る10月11日、日創研、神戸経営研究会の主催で講演会が行われ、私も弊社社長と取締役と共に参加させて頂きました。

講師の湯ノ口弘二氏はレーサーの能力開発によるコーチング指導を経て日創研の設立に携わられたという経歴をお持ちで、講演会のテーマは「コミュニケーションが人を変える、成長を促す、組織を変える!」でした。

私は支店の店長としてスタッフをまとめ、指導をしていくという大切な仕事を任せていただおり、スタッフとの日々のやりとりはもちろん、仕事に於いて常に課題となっている「コミュニケーション」については、、どうやったら、もっとうまくできるかと、いつも模索していたところだったので、この講演会のテーマに興味を持ち、仕事に活かすためにも、このチャンスをいただいたのだと思い、数ヶ月前からこの講演会の日を心より楽しみにしておりました。

広い会場は活気が溢れていて、心待ちにしていた講演会は始まった瞬間から、あっという間に会場全体が一つになるような期待以上に楽しいものでした。

 

後藤昌幸氏の講演会での学び

先日、日創研姫路経営研究会が主催された、滋賀ダイハツ販売社主、㈱ゴトウ経営社長の後藤昌幸さんの講演会に、社員全員で参加させていただきました。

32歳でお父様が創業された倒産寸前(6億円の赤字)の滋賀ダイハツを引き継ぎ驚異的なスピードで再建、トップディーラーに育て上げられた後、赤字体質で大企業病にかかっていた兵庫ダイハツの販売も再建された体験を聞かせていただきました。

実際に自らが行動され、会社を再建へと導かれた数々のお話は、言葉の一言一言にとても重みを感じました。

初心にかえる

4月になり、街中で真新しいスーツに身を包んだ新入社員さんや、新しい生活にワクワクと心躍らせている新入生を見かけることが多くなりました。
私の娘も4月から保育園の年長児になり、「年長さんは小さいお友達のお世話が大変なの」と、毎日キラキラと目を輝かせながら保育園に通っています。

そんな姿を見ていると私も背筋がシャンとし、私も頑張ろう!!と元気や勇気をもらっています。

一年を振り返って

今年も残すところあとわずかとなりました。


今の会社に入社させていただいてから早いもので、約一年の月日が過ぎようとしています。

組織の一員として新しい環境に飛び込み、それまでの人生では出会えなかった方々とお会いすることができ仕事を通じて、自分自身のこれまでの生き方や考え方を見つめ直すという機会に恵まれました。

思い返すと、それまでの自営という立場とは全く違う会社組織という環境は私にとって新鮮でもあり、また今までの知識や常識が未熟で、通用しないこともあることを思い知るという学びの場でもありました。

本当に多くのことを学ばせていただいたことを振り返ったとき、以前、茶道のお稽古で先生に教えていただいた言葉が心に浮かんできました。


2015年1月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archives

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!