姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 2014年3月

2014年3月アーカイブ

働くことの素晴らしさ

今月の弊社エステートパラダイムのブログは、先日の社内勉強会で課題の一つとして出された 月刊誌 「理念と経営」3月号の中の「働くことの素晴らしさをあなたは知っていますか?」という佐々木常夫氏と田坂広志氏の対談を読んでの学びと気づきについて、今岡さんや土井さんがそれぞれの思いを綴っておられました。

私も同じ題材でブログを準備しており、今までブログの題材が3人も同じになることはなかったので、少し驚きました。
それだけ今の自分たちにとって必要なとても印象深い学びの多い題材だったのだと思います。

勉強会でもみなさんの思いや意見を聞かせていただき、同じ本を読んでも、その人の心に響くメッセージや思いはそれぞれで、みなさんの意見からたくさんのことを学ぶ事が出来た内容の濃い勉強会でした。

今岡さんや土井さんは、「魂の強さ」についてブログに書かれていました。

 

魂の強さ

今月の社内勉強会で、月刊「理念と経営3月号」の『「働く」ことの素晴らしさをあなたは知っていますか?』という佐々木常夫氏と田坂広志氏の対談記事を読み、自分の学びや気づきを発表する課題がありました。
自分の仕事に対する思いや、働くことの意味、自分の目指すべきものは何なのかと改めて考えさせられた、貴重な課題でした。

その対談の中で印象に残った言葉がいくつかあります。

~~~~~~~~~~

「運命を引き受けて頑張ろう。頑張っても結果が出ないかもしれないけど、頑張らなければ結果は出ないよ」


「割り切りとは魂の弱さである。」
「割り切る」と「腹を決める」とは似て非なる言葉。

魂の強さを持っているか否かです。

近年の経営者に欠けているのは、この「魂の強さ」です。

~~~~~~~~~~

 

能動的な魂

3月・4月は転勤・入社・入学など多くの人が移動する季節です。
私達の会社にも支店も含めて来週には3名の新入社員が入社してきます。
新しい風が入り新鮮な気持ちなれるので、今からが楽しみです。

受け入れる側も受け入られる側も、自発的に行動をしなければなりません。
受けいられる側は、積極的に学ぶ姿勢と与えられた新しい環境に感謝する気持ちが大切です。
そういった姿勢は受け入れる側にとっても大きな影響があります。


積極的な姿勢は、周りに人が集まり、周りの方からも、自然と援助の手が差し伸べられるでしょう、そうする事でスキルや経験値を上げる事にもなります。
積極的な姿勢は教える側も自然と熱く深く説いていく事が出来るでしょう。

 

 

覚悟の磨き方

~覚悟の磨き方:超訳 吉田松陰~

『ひとりの人間には多くの可能性がある。
ただひとり、「自分」だけが可能性を制限することが出来る。
今までの自分が、これからの自分を決定すると誰もが考えているのだ。
生まれてから今日まで、いろんなつらい事、痛みを感じることがあった。
もう二度とそんな目に遭わないよう、「自分」はつねに的確な助言をくれる。
過去の自分のいう事を聞けば、安全で安心だ。
だが、「心の充実」は得られない。

2014年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Archives

2014年
2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!