姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 2014年1月

2014年1月アーカイブ

志し

昨日から今日とテレビではどのチャンネルをつけても、楽天のマー君こと田中選手の話題でもちきりでした。

本当に素晴らしいことで、田中選手は、日本選手最高額となる大型契約で入団されることになりました。

インタビューのコメントの中に感銘するお話がたくさんありました。


中でも私が一番、心に残ったのは、イチロー選手のコメントで、「どんなオファーを提示したか、ということよりもこのオファーを受けたことへの覚悟と自信に敬意が払われるべきだろう」と評価され、
大リーグでも屈指の名門球団でプレーすることに「志のある人間にとっては最高の場所なのではないか」と語られていたことです。

 

 

考える力をつける

2014年がスタートし早いもので1月度も残り少なくなりました。

弊社の他のスタッフも今年の目標について、ブログ投稿をしていますように私も年初に昨年の反省と課題を振り返り、新しい年をさらに充実したものにしていこうと誓い、次のような目標を掲げました。

 

「ひとつひとつの出来事を丁寧に心を込めて、行っていく習慣をつける。」 

「何事にも真剣に真面目に向き合っていく」 

 

何故、このような目標にしたかというと、昨年の反省として、落ち着いて物事に取り組むことが出来ていない時、物事や、人間関係を雑に扱ってしまったことがあり、周囲との関係や仕事にもいい結果につながらなかったことに気づき、とても後悔しました。

本年は昨年のような後悔をしないよう自分に起こる出来事や物事について、もう少し、起こっていることについて深く考えて行動をしなければいけないと思いました。

ひとつひとつの出来事について、しっかりと受け止めて、深く掘りさげて考えていく習慣を身につけていき周囲の細やかな出来事に気づく観点をあげ吸収出来ることを増やし、人間力の向上につなげたいと思いました。

そして、ぶれない意思を持ち、常に、定めた目標やこうなりたいという目的を忘れないようにしたいと思いました。

 

昨年の終わりに、 冬期休暇中を利用して読書をし、休暇後に全員でその感想を発表しあう、という課題をいただきました。

 

 

決意

先日、今年最初の勉強会があり、年末年始の休暇に読んだ、本の感想を発表をさせて頂きました。


普段私は、本を読む習慣が少なかったので、休暇中に読書をし、勉強会で発表するという課題が、とても良い機会でありました。
本屋さんへ行って、どの本を読んだらいいのか、悩むのではないかと思いましたが、平場に積んである1冊に目が留まり、すぐに決めた本がありました。


その本は「異端のススメ」という本で、東進ハイスクールの林修先生と衆議院議員の小池百合子先生の対談形式の本で、タイトルと帯(人と違うことを恐れるな!「異端」たる生き方、独自の人生を歩んできた二人に学ぶ「生きづらい現代」を勝ち抜く極意!
)を見て今の私の心境、状況にピッタリだったからです。


 

今年の目標

先日、今年初めての社内勉強会がありました。

今年も、冬期休暇中に課題があり、それぞれ読書をする。そして自分自身と向き合いながら昨年を振り返り考えてきた今年の課題と目標を発表し合いました。

私は、冬期休暇中に、稲盛和夫さんの「生き方」という本を読みながら、昨年の自分を振り返り、自分の至らなかった所と向き合い、今年の課題は何か考えていきました。

本の中にとても心に残るお話がありました。

~~~~~~~~~~~

 

時間に関する名言~限りある時間の話

年も明け、2週間が過ぎようとしています。

弊社の本年の共通の志は、『無意識の意識化をすること。』と同時に『限られた時間の中で自分の考えた結果や成果を作り上げること。』つまり普段意識をせずに行っている業務や行動を、もっとしっかりとした目的や目標を強く意識した行動に変えることが大切です。


また、誰が何の為に何をいつまでにどれだけの量をどうするか。

私達は何をどうしたいから努力をするのか。どの様な結果を作る為に頑張るのか。
そこにある、『いつまでに』が時間の管理意識であり、『何の為に』は目的と目標を達成してやり甲斐や達成感を自身が感じる為にも絶対に外せない大切な要因です。

 

ご縁を大事にする

新年あけましておめでとうございます。
2014年が始まりました。
昨年は、たくさんの課題ある1年でした。

年末年始は慌ただしく毎日が過ぎていきましたが、その間にも2013年を思い返し、また、2014年を思い、いろんな思いの巡る時間を過ごさせて頂きました。

思い巡らせている中で、やはり一番心に思ったのは、今こうして、「今」「ここ」で私が存在し、毎日を一生懸命生きていられるのは、周りの方のお蔭であり、その方々に出会わせて頂いたからなんだなということでした。

 

2014年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

いよいよ輝かしい2014年、平成26年の幕開けです。
 
本年も皆様がご健康で、いつも素敵な時間をお過ごし頂くことができる幸せな一年でありますことを心から願います。
 
 そして、世界が平和に、各国の経済が順調に働き、国際問題も地球環境も不安を抱く事もなく、私達や私達の子供たちやその子孫が今も将来も、安心、安全に生きて行ける社会や地球であって欲しいと心から願います。
 
 
 

2014年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Archives

2014年
2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!