姫路の不動産会社 エステート・リードのスタッフが、日々学び、考えたことを綴ります。

エステート・リードトップ > ブログトップ> 2011年1月

2011年1月アーカイブ

清々しい気持ちで

今、私は、清々しい気持ちで生きていく為に、自分はどうしたらいいのか?ということを考えながら日々過ごしていくことを心がけています。

一歩

私は今まで、何か新しい事を始めようとする時、実際に行動に移す前から頭の中であれやこれやと考えてしまい、結局、一歩を踏み出す勇気を持つことなく、やる前から自分で勝手に無理だと判断し、諦めて終わってしまう、そんなことがよくありました。

自分と決別する

私は、仕事で連日同じミスをしてしまった時、上司に自分の失敗のパターンや原因が、人の話をちゃんと聞いていないこと、自分の狭い情報の中で思い込んだり、決め付けて行動していることにあると
教えて頂きました。

 

丁寧に向き合う

私は、接客をさせていただく際に、お客さまにとって心地よい空間をご提供したいという思いでさせていただいています。

 

自分育て

あるサイトで渡邉美樹氏のひとことコメントを目にしました。

厄年

私はいま、上司にご指導いただきながら、自分や仕事に対して自信が持てるようになる為にも、業務報告書、作業予定表、時間管理表を活用しながら、一つ一つの仕事を見直していき、確実な自信の持てる仕事をしていくことを心がけています。

スキル

先日、本屋さんで新しい本を探している時、ふと手に取った本の帯に書かれていた言葉が目に留まりました。そして、私はその言葉にとても興味を引かれました。

~~~

人生においての計画

以前、社長やENKO先輩が西田文郎先生の本を読まれた感想などをブログや朝礼で教えてくださり、そのお話に感化されて西田先生のブログを読ませて頂いています。
最近、私は仕事を進めるにあたって1ヵ月の計画、1日の計画をたてていますが、西田先生のブログの中に、人生の3つの計画についてのお話がありました。

 

 

自分に負けない

私は今、お笑い芸人、爆笑問題の太田光さんが書かれた『マボロシの鳥』という短編小説集を読んでいます。

名言(生き方)

月刊致知に登場される方々の名言がありますが、毎日、この名言を読ませていただき、エネルギーを沸かせています。

その中で、今、私に必要な言葉が印象に残るのだろうなぁ…と胸に刻みます。

心の病気に打ち勝つには

 

★1.あまえ 2.うぬぼれ 3.おごり 4.マンネリ 5.やっかみ

の五つの心の病気に必ず罹る、とユニ・チャーム創業者の高原慶一朗氏がいっている。

毎月、購読している「致知」のおかみさん便りから

 

希望の在り方

私の好きなミュージシャンのひとり坂本龍一さんの誕生日です。

自分「我」をなくす

私の今の課題は、自分の「足るを知る」ということです。

去年から、この課題は意識していたつもりで、新年からは気合を入れ直して、今年こそは!!という意気込みで仕事を始めました。

自分の力を信じる

私は、毎月購読させて頂いている雑誌があり、その雑誌は毎号、その時の私にタイムリーなお話を与えて下さいます。
今月の特集は「元気をくれる人・あたたかい人」でした。その中に、自分の力を信じることの大切さを書いて下さった、作家・カウンセラーをされている宇佐美百合子さんのお話がありました。

~~~

思いを行動に移す

最近、漫画の主人公を名乗って、全国の児童施設にランドセルや文具、現金などの贈り物が届けられるという報道が連日されていますが、その善意の輪は、ついに400件を超えたそうです。
報道を見ていてもいろんな意見が言われているようですが、私は単純に、漫画の主人公に重ねるという発想が粋で、そして何よりもその行動力が素晴らしいと思いました。

思いが言葉になる

先日、いつもエステにご来店下さる素敵なお客様、T様とお話しさせて頂いている時に、『週刊こどもニュース』でおなじみの池上彰さんの話題になりました。

真っ白な灰になりたい

「真っ白な灰になりたい」

 

『俺の人生はこれでいいのか?』

ちばてつやさんは、『あしたのジョー』を執筆していた20代の頃そう悩んでいたそうです。

「社会にやらせてもらう」

先日、「必要とされる人」と、ブログを書かせて頂きました。たまたま、「松下幸之助1日1話」の本日10日のところにも、書いてありました。

今年の決意

今年の仕事始めは、営業会議から始まりました。

今年こそは、私たち社員が主体となり毎月会議を行い、会社を繁栄させていく為に、何をどのように改善していけばいいのかということをしっかり考え話し合い、積極的に行動に移していける強い組織作りを目指していきたいと思っています。

必要とされる人

最新号の月刊「致知」より

バブル崩壊後、倒産の危機に追い込まれ老舗料亭「京都吉兆」の復活に懸けた我が志のお話がありました。

今年の志し

新年明けまして、おめでとうございます。

お正月は、母の実家がある熊本に帰省し、普段はなかなか会えない大切な祖父母たちと、楽しい時間を過ごすことができました。

実家に帰省して

私は、お正月休みを利用し、実家に帰省してきました。

成果については、いかにすれば強靭な成果を作り出すことができるかが問題です。
次のドラッカーの名言の中に成果を作り出す為の答えがありますので、これらを学び実践していくことが重要です。

新年あけましておめでとうございます。

西暦2011年、平成23年の新しい年明けを無事に迎えることができました事を皆様に心より感謝し、お慶びを申し上げます。

 

2014年9月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Archives

2011年
2010年
2009年
2008年

WE PRAY FOR JAPAN 3.11 日本のために祈る


社内研修・人材育成の記録
変革の時 「道」
blog「パラダイム」

携帯からもアクセスできます!